どんどんと高性能になっていくコピー機ですが、中古コピー機を導入するのにはさまざまなメリットが存在しています。価格が大きなポイントになりますが、そもそも高性能な機種が必要かといわれれば、ほとんどの人は疑問でしょう。コピーができることが重要なのであって、他の機能はあくまでも副次的です。型落ちになることが多い中古コピー機ですが、機能が問題になることはないでしょう。

コピー機ただし、注目しなければいけないのは、どれぐらい使われたのかという点です。機材は必ず摩耗していくことになります。中古コピー機は、どこかで使われていたのですから、必ず損耗があるでしょう。そこで、注目するべきポイントが、コピーの枚数にあります。コピー機には、どれだけ印刷したのかを示すカウンターがついており、これをカウンター枚数と呼びますが、数字を見るだけでも判断が可能です。一般的に10,000枚が基準となってきますが、この程度であれば、故障の可能性はかなり低いレベルとなるでしょう。低カウンターコピー機と呼ばれることがありますが、こうした損耗の低い中古コピー機を見つければ、リスクはかなり低減できますし、しっかりとした業者と判断し、購入することができるはずです。