イニシャルコスト中古コピー機の導入を考える場合、メリットを新品の導入と比較して考えていかなければいけないでしょう。もっとも大きなポイントになってくるのは、費用にあるといっても過言ではありません。コピー機はもともと高額な機材です。導入するためのイニシャルコストは、新品では驚くほどの金額になってくるでしょう。機能を抑えて家庭用の機材を導入するという方法もありますが、実際の業務にプラスにならないような性能になってしまうことが多く、ボトルネックになり業務の足を引っ張ってしまことが考えられます。これでは、いくら抑えても意味がなくなってしまうでしょう。特に印刷速度は全く別物と考えなければいけません。

中古コピー機になると、多少使われているものであっても、値段はかなり下がっていきます。新品とは大きな違いです。性能は新品のほうが優れていますし、真新しいものをおくことができますが、費用面と比べて必要なのかを考えなければいけないでしょう。費用対効果を考えた時に、確実に中古コピー機のほうがメリットが上回ります。新品が高機能だとしても、その機能を使わないことのほうが多く、あっても生かし切れないのなら、コピーができる種機能だけで他はなくても変わりません。