コピー機の導入方法として、リースやレンタルといった方法が存在します。中古コピー機とも違った方法になりますが、それぞれにメリットがあるのは確かです。イニシャルコストという面で見ると、所有することのないリースやレンタルはかなり下がります。ですが、高機能な機種になると、リースは新品が回ってくるためかなりの金額になるでしょう。レンタルの場合には、あくまでも業者が所有しているものとなるため、中古コピー機と変わりません。その反面で、料金はすべて損金扱いできることが大きなポイントになるでしょう。

業者中古コピー機と比較して、トータルコストを見ていかなければいけません。リースやレンタルは、金利のほかに、業者の利益が含まれていきます。これが大きな差となり表れてくるため、損金扱いできたとしても、かなりの持ち出しになってしまうでしょう。リースの場合には中途解約ができないというデメリットも存在しています。

中古コピー機の場合には、コストを抑えながらも、必要がなくなれば売ることができる所有権を持つことが重要です。高い性能のものが必要になれば、買い替えてしまうという選択ができます。かなりの金額を節約できるとともに、選択肢が広がることを考えても、中古コピー機のメリットが大きいでしょう。